会社情報

会社名     株式会社ロボケン
代表取締役 寺田 宗紘(Munehiro Terada)
アンバサダー 齋藤 和紀(Kazunori Saito)
(シンギュラリティ大学日本、エクスポネンシャル・ジャパン株式会社共同代表、エン・ジャパン株式会社取締役)
顧問税理士    有限会社FISCO
顧問社労士    社会保険労務士法人ガーディアン
従業員数 79名(2018年10月1日現在)※パート・アルバイト除く
資本金(資本準備金も含む) 1億4,366万1,500円
主要取引先・取引実績 アース環境サービス株式会社、株式会社豊通シスコム、富士ソフト株式会社、株式会社日比谷コンピュータシステム、コムチュア株式会社、株式会社エクストリーム、株式会社アクロネット(敬称略、順不同で掲載しております)
取引先銀行 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、きらぼし銀行、西武信用金庫、巣鴨信用金庫、千葉銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行(敬称略、順不同で掲載しております)
一般労働者派遣事業届出  許可番号 派 13-308746

会社名の由来

当社社長が子供のとき、アニメを見て、ロボットかっこいい!とあこがれました。
そして、将来「汎用型AIロボット」を作るんだと決意を固め、大人になったとき、株式会社ロボケンができたのです。
現在は、ロボットの開発まではできていませんがその一歩手前のAI開発まではたどり着くことができました。子供の夢が、
そのまま実現していく会社、それがロボケンなのです。
代表あいさつ

愛のあるAIを目指す

人類が幸せになるために、AIは進化を続けます。
画像認識や音声認識によるセキュリティ・システム、車等の自動制御、医療システム、介護システムなど、AIが人のために活躍する場は飛躍的に拡大しているのです。
また、人類は未だ解決されていない社会問題を多く抱えています。
例えば天候不順による食料不足、飢饉は世界規模で起こっています。AIを使った天候予想や、DNA解析による天災に強い食物の開発など、それらを解決するためのAIの活躍の余地は無限大と言っても過言ではありません。
また、いまだ完治できない病気も、いずれAIにより解決する日がきっと来るでしょう。
きっとAIは、人類の幸福に大きく寄与するはずです。
弊社は、そのように人に寄り添い、人の幸せに貢献する愛のあるAIの開発を通じて、社会に貢献していきたいと思います。

会社沿革

2014年1月8日 株式会社ロボケン設立
2014年1月8日 システム開発事業スタート
2014年2月3日 特定労働者派遣事業届出
2015年3月7日 AIに関する研究会の運営スタート
2015年7月8日 AI研究開発事業(旧体制)スタート
2015年11月25日 オフィス移転
2016年5月11日 横浜国立大学と産学連携
2016年7月01日 育児と仕事の両立支援について行動計画(2019年6月30日まで)を策定
2016年12月1日 東京工業大学の産学連携会員登録
2017年1月5日 AI研究開発事業(新体制)スタート
2017年7月3日 自社独自AI技術「epiRobo」開発
2017年7月13日 株式会社アルコパートナーズを引受先とする第三者割当増資を実施
2017年11月30日 アース環境サービス株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施
2017年12月1日 新オフィス(開発拠点)設置
2018年3月29日 東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施

会社組織図

会社住所

「本社」
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-10-6 加藤三修第六ビル 4階
TEL 03-5904-8285 / FAX 03-5904-8286

「開発拠点」
〒170-0013
東京都豊島区東池袋2丁目38−23SAMビル3階