ニュース

Zeroth主催 VC支援プログラムに参加

2018年12月より、香港を拠点とするAI分野に特化したスタートアップアクセラレーター「Zeroth」
(ソフトバンクグループのAI特化型インキュベーター兼VCのDEEPCOREと提携)が主催する
ベンチャー支援プログラム(東京開催)に参加させていただきました。

研究開発実績

  • 独自技術エピソード記憶編集「epiRobo」に基づく情報処理装置について特許出願中(出願番号:特願2018-020046)であり、
    更なるプロジェクトへの応用を目指しています。
  • 既存のRDBに対して、環境に応じた最適解を抽出し、重みづけ処理並びにクレンジングを自力実施できる脳型DBを開発しており、特許を出願しています。
    (国際出願番号:PCT/JP2018/022438)

AI開発実績(2017年~)

  • 画像認識AIプロダクト
    2017年以降、アース環境サービス㈱様と協業し、機械学習・深層学習技術導入による、小型生体の高度な識別を実現、既に約10件の継続受託実績となっております。
  • 性格診断アプリと対話アプリの作成
    対話テキスト情報から性格を診断する機能を備えたアプリの開発を行い5月末に納入しました。
  • 音声認識AIプロダクト
    高精度マイクロ音声認識AIエンジンの開発の一部を、公益財団法人東京都中小企業振興公社の新製品・新技術開発助成事業の助成を受けて、
    ネットワーク無しで音声認識&音声合成可能なOn-boardソリューションを開発しています。
  • 社員教育研修AIプロダクト
    社内人事教育システムに係るプロジェクトを開始しました。

AI事業開発の組織改編

  • 2017年1月にAI研究開発の専担部を創成後、独自コア技術AIを活用した多くのプロジェクトにあたってきましたが、
    一層の技術の深化並びにプロジェクト推進を図るため、組織体制を改編しました。
  • AI基盤技術の開発を担う「コアテクノロジー・ディベロップメントG」並びに応用開発を行う「プロダクト・ソリューションディベロップメントG」を
    新たに設置することにより高度プロダクトの開発体制を整備するとともに、クライアントのご要望をよりプロダクトに反映させるために、
    「ソリューション・ビジネスG」を設置しました。

1 2 4