会社員とフリーランス

会社員という立場を捨て、フリーランスの世界に足を踏み入れたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
しかし、会社員としての働き方とフリーランスとしての働き方は全く別物です。ここでは、両者を比較してフリーランスの働き方についてご紹介したいと思います。

仕事に対する熱意

会社に属している以上は、安定した給料を得ることができます。しかし、フリーランスは自分自身の力で稼がなければなりません。そのため、仕事に対するモチベーションに差が出てくることは多いです。フリーランスである以上、一瞬の気の緩みが収入に響くこともあるかもしれませんが、仕事に対する本気度が自分自身の成長の糧となり、技術力の向上や経験の蓄積に繋がります。

金銭面のマネージメント

特例を除けば会社員は社会保険に加入しなければならないため、保険料や税金などの手続きは会社が行ってくれます。しかし、フリーランスになると会社員ではなくなるため、各種納税や経理面の手続きは全て自分で行わなければなりません。フリーランスとして成功を掴み収入を増やしたいとお考えの方は、金銭面のマネージメントにも気を配るようにしてください。

信用の違い

企業間で取引を行なうためには「信用」が重要視されています。そのため、各企業は信用の向上や確保に努め、自社の信用を守っています。ここで、会社員とフリーランスとの「信用」について注目してみると、大きな違いに気づくと思います。

会社員であれば、会社の看板を背負っているため自分で信用を確保する必要はありませんが、フリーランスであれば、自分自身で信用を確保する必要があります。会社員が「会社の顔」だとすれば、フリーランスはいわば自分自身が会社なのです。

簡単に両者を比較して働き方の違いをご紹介しました。今後フリーランスの世界に足を踏み入れる方は、ぜひご参照ください。 当社では、フリーエンジニア向けにお仕事紹介のサポートを行っております。サイト開発・システム開発・アプリ開発・ゲーム開発など様々な案件がございますので、お気軽にお申しつけください。