フリーランスに向いている人の特徴

 

現在、プログラマやエンジニアとしてお勤めなさっている方の中には、今後、会社組織の中で働き続けようか、独立して自分の力で歩もうかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
フリーランスにも適性があり、それに当てはまる部分が多い人ほどフリーランスとして成功を掴む可能性が高くなります。「フリーでやっていけるか」、「独立したもののフリーに向いているのか」など、どの道に進むべきか不安を抱えている方は、自分の適性について考えてみませんか?

1人の時間で効率良く仕事をこなせる

フリーランスになると、基本的に仕事は1人きりで行います。大勢とコミュニケーションを図りながら仕事を行いたい人よりは、「1人の時間」を使って効率良く仕事を進められるという人に向いています。
また、トラブルや突発的なことが発生した場合でもしっかり1人で対応できるか、1人で気持ちの切り替えができるかなど、技術面ではなくメンタル面で1人でも大丈夫なら適性があると判断することができます。

フットワークが軽い

フリーランスでの仕事は、積極的にアプローチやアピールをして仕事を掴み取るフットワークの軽さが求められます。安定しているよりも変化のある状況を楽しむ心の余裕があれば、フリーランスでも存分に才能を発揮することができるでしょう。クライアントの要求にも臨機応変に対応できる柔軟性という面でも、フットワークの軽さは非常に大切なのです。フットワークの軽さは判断能力と実力があって初めて実現することで、価値観や意見もしっかり持っていて負けず嫌いであるということが大切なのです。

当社では、フリーランス向けにお仕事紹介のサポートをしております。サイト開発やシステム開発をはじめ、アプリ開発やゲーム開発といった様々な開発案件をご紹介しております。
常駐派遣や短期派遣など、様々な形態での就業が可能となっていますので、フリーランス向けのお仕事をお探しの方は、ぜひ当社をご利用ください。